【おすすめ】最終巻がでるので進撃の巨人のおもしろさを語らせてください

おすすめ


(更新2021年6月8日)



きたろう
きたろう

年間100冊読むきたろうです。
とうとう進撃の巨人最終巻がでますね!

きたろうの詳しいプロフィールはこちらから





きたろう
きたろう

「進撃の巨人」が好きで、漫画は全巻持っています!
僕が考える「進撃の巨人」のをおもしろさを語らせてください!








進撃の巨人とは?


進撃の巨人とは、『別冊少年マガジン』で2009年9月9日発売の10月号(創刊号)から連載を開始し
、2021年4月9日発売の5月号
で完結した、諌山創さん原作のダークファンタジー漫画です。


2021年6月9日、単行本最終巻がついに発売されます。



作者:諌山創
書名:進撃の巨人
出版社:講談社


作者プロフィール


作者:諌山創
生年月日:1986年8月26日
出身地:大分県日田市

学歴:日田林工業高校→九州デザイナー学院漫画学科


大山町という高い山に囲まれて育ち、その壁にように山々を見て、壁に囲まれた街というの思いついたそうです。

作者の地元である大分県日田市大山町には、大山ダムという場所に記念として、エレン、アルミン、ミカサの少年時代の銅像が建設されています。


エレン、ミカサ、アルミンの銅像の詳細はこちらから

独立行政法人水質源機構 大山ダム管理所




物語のあらすじ


人類はと突如現れた「巨人」から身を守るため、シーナ、ローズ、マリナという名前の3つの壁を創りその中で生活するようになっていた。


巨人というのは、4メートル~15メートルの人間の形をした生き物で、人間を見れば追い回し、捕食する。

壁は50メートルくらいあり、普通の巨人ではビクともしないつくりになっている。


そこのウォール・マリア南端より突出したシガンシナ区で生活していたのが、エレン、ミカサ、アルミンの少年少女の3人。


エレンとアルミンは本を読み、壁の外には雄大な大自然が広がっていること知り、壁の外に興味を持つようになっていた。


平和な生活をしていたが、ある日突然壁の高さを超える50メートルを巨人が現れ、壁を蹴り上げ穴をあける。


100年間壁を壊されることがなかった壁が、超大型巨人によって破壊された


その破壊された岩がエレンとミカサの住む家に飛んできてあたり、エレンの母親が下敷きになってしまい助けようとするも、穴から侵入してきた巨人に食べられてしまう。


たくさんの巨人が侵入してくるも、助かったエレン、アルミン、ミカサ。


母親が食べられる瞬間を目の当たりにしたエレンは誓う。


「この世から一匹残らず、駆逐してやる」



5年後、3人は壁の外へ出て調査する調査兵団に入団する。




巨人がなぜ存在するのか、壁の外にも人類は存在しているのか、少しずつ謎が明らかになっていく。




おすすめの記事

【おすすめ】男の子の教科書にするべき、おすすめの漫画5選

【書評】中年童貞になる前に読んでおきたい漫画

【書評】中国との差を思い知らされる本


進撃の巨人の面白いところ


考え抜かれた、濃い内容


物語の細部にまでちゃんした設定があり、矛盾な点がほとんど見当たりません。


戦争、人種差別、生き方などたくさんのこと考えさせてくれる内容だと思います。





伏線の天才



散りばめられた伏線、そして回収がものすごいです。

何でもないと思っていた巨人が後々すごく意味のある巨人だったりと、後になってわかっていくることのオンパレードです。

1回読んだだけではきちんと理解できませんでしたが、2回目伏線を意識して読んでみると、伏線の理解がしやすいです。 


キャラが個性豊か


調査兵団の同期が存在します。

途中で亡くなってしまう同期もいますが、みんな個性があって愛おしく感じてきます。

ほかにも、人類最強リヴァイ兵長、ハンジ、などの上司。


調査兵団にはちょっと変わった、変人、変態が多いような気がします。


進撃の巨人の面白くないところ


内容が濃い分、複雑


軍隊の組織であったり、歴史であったり、内容が濃い分だけ、複雑で難しく感じる人もいるかもしれません。


ほんと、じっくり読まないとついていけなくなると思います。


小学生ぐらいの人には難しいような気がします。


人が死にすぎる

途中出てきたキャラが、バタバタと死んでいきます


このキャラ好きかもと思った矢先、即効で巨人に食べられたり、なんとも言えない気持ちになります。


そして、何よりグロイです。


余裕で顔や身体が半分になってしまいます(笑)

 





まとめ



進撃の巨人の漫画のテーマは、僕は「戦争」だと思います。


戦争は、誰が正義なのかというものがありません。


みんな自分が正義だと思い、戦い合います。


進撃の巨人の世界は、本当に残酷です。


残酷なものが苦手だという人は、あまり読む気になれないと思います。



でも、残酷だからこそ美しいものもあります。




進撃の巨人は、人の生き方、死に様を考えさせられる漫画でもあります。
















タイトルとURLをコピーしました