【書評】2020年に読んだ本の中で1番おすすめのビジネス書

ビジネス書

(更新2021年6月2日)

きたろう
きたろう

年間100冊読むきたろうです。その中から、良いと思った本を今回ご紹介します。




この本を読むべき人はこんな人

お金に困っている人
・経済的な自由を目指したい人
・幸せなお金持ちになりたい人


著者は、チャンネル登録者129万人(2021年6月2日現在)のビジネス系YouTuberです!

YouTubeだけでなく、インスタ、Twitterでお金に関する発信をしています。








本の概要


本のタイトル:本当の自由を手に入れる お金の大学
       一生お金に困らない5つの力が身につく実践型ガイドブック
原作
両@リベ大学長
発売日:2020年6月19

発行所:朝日新聞出版




著者プロフィール:
両@リベ大学長
高校1年生の時に起業。
独学でビジネスを学び、ネット広告事業を中心に365日休みなく、がむしゃらに働く。
会社経営では、社長なのにクビになったり、100人を超す従業員がみんな退社しちゃったり、さまざまなことを経験。
その後「このままじゃダメだ」と優秀な経営者仲間や社員満足度日本一の会社の社長から会社経営や人間関係、お金との付き合い方を学んだ結果、

・会社経営ではグッドマネジメント総合研究所(第三者目線で会社評価をしている外部機関)の調査結果で社員満足度1位
・人間関係のトラブルもなくなる
・周りが良い人や成功者で溢れる

そして、経済的自由を達成する。

現在は、YouTube、Instagram、Twitterで、その経験を生かしてお金に関する情報を発信中。



YouTubeチャンネル登録者数129万人(2021年6月2日現在)
https://www.youtube.com/channel/UC67Wr_9pA4I0glIxDt_Cpyw

Twitterフォロワー数29.6万人(2021年6月2日現在)
https://twitter.com/freelife_blog

Instagramフォロワー数22.8万人(2021年6月2日現在)
https://www.instagram.com/freelife_blog/







きたろう
きたろう

YouTubeでは、平日毎日7時に公開しています!




なぜ読もうと思ったのか


YouTubeは毎日みていたのですが、そのリベ大学長が本を出すということで、迷わずすぐ購入しました。

動画の総集編のような感じなのですが、本だからこそ理解しやすい部分もあり、ためになる知識がたくさん詰まっています。


僕自身電子書籍版で白黒なので、本のほうを買えばよかったと後悔しています。

内容



両学長は経済的自由を目指すために5つの力を育てようと言います。


・貯める(支出を減らす力)
・稼ぐ(収入を増やす力)
・増やす(資産を増やす力)
・守る(資源を減らさない力)
・使う(人生を豊かにすることにお金を使う力)



本書は主に貯める、稼ぐ、増やすを中心に解説しています。


内容はとても実用的で、

貯める力では、生命保険、格安シムなど

稼ぐ力では、副業をすることを進めていて、プログラミングやせどりなど

増やす力では、投資信託など


実際になにをすれば良いのかが的確に書かれていて、すぐに行動にうつしやすいです。


両学長は「今日が1番若い日です。悔いのない豊かな人生を生きよう。」言います。


自分らしい人生を生きるためには、まずお金と向き合わなければならないと思います。


きたろう
きたろう

顔がライオンで体はマッチョです!
両学長は顔出しをしていません。



目次

はじめに
STEP0:経済的にじゆうになるための基本ーお金持ちの大原則ー
STEP1:《貯める》ー支出を減らして貯蓄を増やそうー
STEP2:《稼ぐ》ー稼ぎを増やして貯蓄ペースを上げようー
STEP3:《増やす》ー貯蓄を投資にまわして資産運用しようー
STEP4:《守る》ー形成した資産を守ろうー
STEP5:《使う》ー人生を豊かにすることに使おうー


本にでてきた心に残った言葉


””ええか?「貯める力」をつけるために、大切な考え方はこの2つ。
 1.1回の支出よりも「固定費」を見直す
 2.金額が大きな支出から見直す””

きたろう
きたろう

貯める力は、最重要項目です!


””必要な民間保険3つだけ
 ①生命保険(※自分が亡くなったら、生活に困る家族がいる場合のみ)
 ②火災保険
 ③自動車保険

きたろう
きたろう

保険について学ぶ必要性を感じます。

””4大金利に気をつけろ!
 住宅
 車
 奨学金
 リボ払い

きたろう
きたろう

金利は敵に回すと危険だけど、味方につけると頼もしい相棒になると言います。





まとめ

 

コロナでお金で困る人がたくさんいるなか、お金で困っていない人もいます。


なぜそうなるのか。


僕は金融知識があるか、ないかの違いだと思います。


本書は、具体的にどういう行動をとっていけば経済的自由に近づくのかを明確に書かれています。


そこまで、難しいことは書かれていないです。


みんながみんな、経済的自由を目指す必要はありませんが、誰もお金で困りたくはないと思います。


お金と向き合うためにも、本書を読んでほしいですね!






タイトルとURLをコピーしました