【本の紹介】ブログをはじめるなら読んでおきたい1冊

専門書

(更新 2020年12月20日)



きたろう
きたろう

年間100冊読むきたろうです。その中から、良いと思った本を今回ご紹介します。

きたろうの詳しいプロフィールはこちらから


この本を読むべき人はこんな人

・ブログで稼ぎたい人
・「飯が食えるブログ」をつくりたい人
・ブログ運営でのマインドを知りたい人


きたろう
きたろう

1番コストがかからず、始めることができる起業が「ブログ運営」だと思います。

きたろう
きたろう

小手先のテクニックよりも、マインドを教えてくれ本ですね!






本の概要


本のタイトル:ブログ飯 個性を収入に変える生き方
著者:染谷昌利
発行日:2013年6月21日
発行所:インプレスジャパン




著者プロフィール:
染谷昌利
1975年生まれ。妻一人息子一人。
4年生大学卒業後、就職情報誌の営業、自動車関連企業の人事担当者、不動産関連企業の人事担当および営業担当を12年間経験した後、2009年に非IT系出身ブロガーとして独立。
運営するブログ「Xperia非公式マニュアル」が人気を集め、Google AdSenseの成功事例に取り上げられる。
現在はブログの運営や執筆、講演、企業やブロガー・アフィリエイト向けのコンサルティングにより生計を立ててる恐妻家フリーランサー。




なぜ読もうと思ったのか


ブログの質をあげてアクセスを増やしたいと思い、この本を手に取りました。
「飯が食えるブログ」
この本を読んでみて、難しいけれど結構いけるもんではないかと思ってしまいました。

本著は有名なブロガーなど、インフルエンサーがよくブログをはじめる上で、おすすめする本です!


内容



著者がサラリーマンからブログで飯を食えるようになるまでを詳しく書かれています。

会社を辞める時、奥さんもいてどんな心境だったのかとか、背水の陣で挑んだ姿は本当に勉強になりました。

この本は稼ぐことができるまでの努力量というのを知ることができます。



やっぱり、1番おもしろかったのは最後の奥さんが書いているコラムで、奥さん目線での「夫が会社を辞める時、どんな心境だったのか」など書かれています。


どんなことに挑戦しようとも、パートナーの応援が大事だとブログではなくても、大事だと感じました!





目次

はじめに:本書は読む際の注意点
第1章:私が「ブログ飯」になるまで
第2章:ただのブログを「飯が食えるブログ」に変える
第3章:継続して成果を出すブログの違い
第4章:個人でお金を稼ぐということ
第5章:SNSことはじめ
第6章:突き抜ける技術
おわりに

きたろう
きたろう

さすがプロのブロガーです、文章が読みやすいです!

本にでてきた好きな言葉


”酒をやめる、タバコをやめる、テレビを見ない”

きたろう
きたろう

どうすればブログを書く時間をつくれるのか、この3つをやめる!

小学校5~6年生の子供に読んでもらう”

きたろう
きたろう

徹底的にどうすれば分かりやすく伝えることができるか考えないといけません!



まとめ




この記事を読んでいるということは、すこしでも「ブログ」興味がある方ですね❓


ブログを始める上で、はじめての一冊としてこの本をおすすめしたいです。



ブログは少額から始めることができるし、得るものがたくさんあります。



・Webマーケティング
・文章力
・発信力



最後に参考にしたいYoutubeも共有しときます。

・第65回【月収100万円も狙える】ブログ起業のために買うべきもの6選【これで全部です】【稼ぐ実践編】/ 両学長リベラルアーツ大学
・【重要】ブログ運営で大切なこと【6年の試行錯誤で気づきました】/ マナブ




タイトルとURLをコピーしました